アルプス刻印の日東・パールステム

2017年2月、某所よりアルプス刻印の日東・パールステムが発掘されました。ハンドルバークランプ径は25.4、エクステンションは60と70です。同時にパール6、パール7、パール8! いずれもごく少量ですので、店頭のみで先着順の販売とさせていただきます。まさにこれはデッドストック、いや、奇跡。このチャンスをお見逃しなく!

0 コメント

Oさんのランドナー

Oさんランドナーフレームです。もちろん当店デフォルトのフォーク抜き輪行ですが、なんと写真のように立つように設計して欲しいとのご指示でした。

頭をひねるのはいつも同じですが、今回も楽しいオーダーです。

輪行作業時に便利とのことです☆

まもなく塗装へと向かいます!

0 コメント

夢のカーボンホイールがデビューします

カーボンリムが世に出てもう随分経ちますが、クリンチャー用、かつリムブレーキ用の650Bリムは見当たりませんでした。軽量化がもたらす圧倒的な走りの軽さはカーボンならでは。そして最新の軽量650Bタイヤと組み合わせると、極上の乗り心地はもう後には戻れません。前後輪の重量は1270g、走りの軽さはもう異次元です。リムハイト24mm、外幅24mm、内幅19mm。650×32〜42B対応です。まず1月末までご予約承ります!

3 コメント

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!

CYCLE TOURING オオマエジムショは本日より2017年の営業を開始いたします。

 

年始は恒例のお正月ランを走ってきました。

今年は例年になく雪が少なく、日向では手袋を外せるほど暖かいツーリングとなりました。

前を走る先輩方は来年、40回目の年越しランとなるのだそうです。

スゴイですね☆

 

ご来店お待ち申し上げております。

0 コメント

東京オリンピック1964

積年の思いが叶って、昭和39年東京オリンピックの自転車競技写真集を入手しました。次の東京五輪まであと4年。この本はどんな風に見えることでしょうか……。店頭に置いてありますよ☆ ご来店お待ち申し上げております。

0 コメント

オイ!続報

斬新なデザインで人気急上昇中のベル、「オイ!」。スモールサイズが入荷したので、もちろんここに付けてみました。

お判りになりますか?

そう、ヘッド小物の上側に見えるのがベルです。外径22.2mmのステムにクランプすることができるのです。

こうやって取り付けると、本当に違和感がありません。このベル、かなりスマートですYO!

0 コメント

オイ! という名の新しいカタチ

ハンドルバーに付いている銀色の見慣れない物体。オイ! という名前です。クラウドファンディングで企画が挙がってからずっと気になっていたコレ、実はベルなんです。

ベルといえば丸くて(正確には半球の形状で)、ステム横に付くのが定番中の定番ではありますが、これはかなり意外な形状です。サイズが2種類あり、大きい方はハンドルバーなど25.4〜31.8mmあたりのどこかに(フレームにも!)付き、小さい方は22.2mmのクランプなので、ステムに付くかな?というところ。

ちょっとだけチャレンジングなアクセサリーです☆

 

0 コメント

シマノUGスプロケット

シマノ・デュラエース等がHGギヤでなくUGギヤだった時代、スプロケットは1枚ずつバラで希望の歯数を構成することができました。

この時代のハブ(カセットフリーボディ)には現行のHGギヤが入らないため(逆は可)、オーバーホール等でスプロケットが必要なとき、補修部品探しに苦労していましたが、しばらくは安心して暮らせそうです。

5 コメント

トーエイのスポルティフ

26×1.25タイヤを履いたトーエイ製のスポルティフが到着しております。フレームサイズ510mm、走行距離極少の新古車、トーエイオリジナルカットラグ仕様です。小柄な方のツーリング車としては、なかなか見つからないコンディションです!

 

ご来店をお待ち申し上げております!

※11/1追記、売約済みとなりました。

0 コメント

700×28Cスポルティフ

700Cスポルティフ用のフレーム、新品未塗装が入荷しております。つまり、塗装したら即納可能な、とっても希少な一本です。

 

パイプ/カイセイ022

サイズ/520mm(芯〜トップ)

トップチューブ/530mm

シフトレバー台座/カンパタイプ直付け

センタープル台座/直付け

ドロヨケ/隠し止め

FD台座/直付け(48〜52T)

エンド幅/100-130mm

シートピラー径/27.2mm

 

もちろん、完成車としてもご注文をお受けいたします。

お問い合わせは直接ご来店をよろしくお願い申し上げます!

0 コメント

5年目です

CYCLE TOURING オオマエジムショは本日、開店5年目を迎えました。ここまで無事に走り続けて来られたのは、サイクルツーリングを愛するお客様、そして陰になり日向になり支えて下さっている業界の皆様、そしてかけがえのない友人たちのおかげです。今日からもよろしくお願い申し上げます。

店主 大前 仁

1 コメント

BROOKS・カンビウムに追加モデル

革サドルで知られるブルックス。このサドルトップを天然ゴムに置き換えたカンビウム、さらに軽量化を狙ったカンビウムC13が昨年発表されました。

ただ、C13はちょっと細身で、スポーティーなモデルにはいいのですが、ツーリング車にはちょっと厳しいかな、と思っていました。

朗報! C13が3サイズに拡張されました。132mm幅、145mm幅、158mm幅の3種類です。さらにそれぞれカーブドと呼ばれる穴明きモデルが出るので、合計6モデルへの拡張となります。気になる重量は一番幅広のモデルでも310gと、革サドルB17のチタンレールより100g以上も軽い!

当店には早ければ来月中にも全モデルが入荷する予定です。

 

お楽しみに!

0 コメント

短いステム

いつもサイズのあった自転車を製作できれば問題ないのですが、ときにはとっても長いステムや短いステムを使って自転車を作らざるを得ないことがあります。

「短いステム、短いステム」と念仏のように唱えていたら、ありました、日東さんの製品です。

なんとエクステンション25mm、バークランプ部が引き上げ棒にぶつかる直前まで食い込んでいる極限設計のステムです。クロモリ+フィレット仕上げで、まるでオーダーメイドのようなこのステムも、やっぱりメイドインジャパン。ステムにお悩みだった方、オオマエジムショにはあるんですよ◎

 

寸法はバークランプ25.4mm、もちろんコラム部22.2mmです。

他にも日東ステムは50mmから10mm刻みで取りそろえております。

ご来店お待ち申し上げております!

0 コメント

パターソンズハウスのツーリングモデル

パターソンズハウスのツーリングモデルが入荷しています。

1985年製としてはコンディションは良好です。

ブレーキワイヤーとシフトワイヤーはともに内蔵され、シートチューブを上方に延長してブレーキワイヤーを真後ろに出しています。この工作のためサドルは直付けに見えますが、ピラーを使っているためポジションは少し上げることができます。

9.3kgという軽量化を達成するため随所に軽量部品が使われ、フロントキャリアは6mmパイプで作られています。ブレーキシューは3ッ玉のジャッキーのものが使われています。

オリジナリティを尊び、現状渡しにて販売いたします。

 

●仕様

フレームサイズ/およそ550mm相当(シートチューブ上端まで635mm、サドル上端まで690mm)

トップチューブ(芯〜芯)/545mm

ヘッド小物/ニキョウ・ウルティマ・プロト

リム/パターソンズハウス・28H

ハブ/シュパーブプロ・ノーホールLFQR改

スポーク/ロベルジェル

タイヤ/パナレーサー・650×38Aオープン(純正の35Aが付属)

ハンドル/日東

ステム/日東・パール7

シフトレバー/サンプレックス・SLJ

FD/シマノ・デュラエース

RD/シマノ・クレーン

チェーンホイール/TA 50×34

チェーン/レジナ

ブレーキ/マファック#2000二次型

ブレーキレバー/マファック

フリー/サンツアー・マイクロライト6段・14-23

サドル/イデアル#88

ピラー/藤田・ベルト

※若干のスペアパーツ等が付属します。

※10/20追記、売約済みとなりました。

1 コメント

キムラ製作所

珍しくキムラ製作所の製品の在庫が充実しております。

リフレクター各サイズはもちろん、ライト、テールも本日、9/9(金)朝の時点では在庫ございます!

この週末はぜひ浅草へおでかけ下さい。

お待ち申し上げております。

0 コメント

木リムのスポルティフ

これまで店頭にあったaprès・スペシャル、チタンフレームのスポルティフモデルに、新しいホイールが装着されました。

なんと木(もく)リムのチューブラーホイール、しかもタイヤはチャレンジで一番太い30mm[ストラーダビアンカ]。

固さもほどほどに組み上げたので、乗り心地は極上です。

空気圧はただいま5気圧で試乗していますが、もちろん好きなだけ下げて楽しめます。

 

サイズは540mmと大きめの試乗車ではありますが、当然!テストライド可能です。木リムのチューブラーに乗ってみたい人、ぜひご来店お待ち申し上げております!

0 コメント

まもなく8月です!

お待たせいたしました! 恒例の7月定休を終え、8月1日(月)より営業いたします。すでに店内はオーバーホール待ちの自転車や、塗りあがってきたフレームで溢れております。

お買い上げの方(オーダー発注やオーバーホール発注も含む)には、ツール・ド・フランスのお土産も少し持って帰ってきました!

 

ご来店、お待ち申し上げております!

 

店主オオマエ

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例10

身長165cm、御年65歳のKさんには、当店のアプレ・スタンダードのミニマムサイズである470mmを使ってのアッセンブルとなりました。ステムももちろん最短の50mm(日東・テクノミックDX)。手の小さい方でも扱いやすいディズナのブレーキレバーで制動し、さらにこのポジションが苦しくなったら、フラットハンドル仕様に変更するプランです。Kさん、走ってますか〜?

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例9

Kさんのアプレ・スタンダードは、ヨシガイのギドネットレバーやサンマルコ・ロールスのシームレスサドルなど、オーナーお気に入りのパーツを指定しての構成です。ギアレシオも当店標準の1対1を下回る、激坂&超低速対応仕様となっており、各地の峠路を楽しむKさんのツーリング車らしく仕上がりました。

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例8

実は当店のご近所にお住まいのHさん、アプレ・スタンダードのご注文の際には、とっておきのサドルをご持参になりました。そしてHさんの、お子さんを幼稚園に送迎するための装備をというご希望に応えて、トピークのチャイルドシートを装着したツーリング車の製作となりました。
視覚的なインパクトの大きいチャイルドシートですが、取り外しは容易で、残るのはリアキャリアだけと合理的な構成です。アプレ・スタンダードのリアエンドにはダボは1つしかなく、基本的には追加加工はお断りしているのですが…(笑)。ま、未塗装のスチールフレームですからね、やればできるんです!

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例7

Yさんのアプレ・スタンダードには、小振りなリアキャリアが付いています。せっかくのツーリング車ですから、オーナーさんが必要なものは全部付けたい。ですが、ラーメンの「全部載せ」と同じく、常にそれが美味しいとは限らないのです。そういうわけで、この自転車の注文のときには、Yさんに時間をかけてリアキャリア装着のメリット・デメリットをお話しし、納得していただいたうえで組み上げています。
フォーク抜き輪行をアルプス式にサドル〜リアエンド部で正立させる場合、このリアキャリア(サドルバッグサポーター)が出っ張り、ジャマになるのです。ツーリング車をキレイにまとめるには、案外いろいろな要素がからんできますね。

0 コメント

サンツアー・BL

サンツアー・BLのリアディレーラーが発掘されました。

 

実は……。これを探しているお客さまがいたので、何年か探していたのですが、肝心のお客さまの連絡先を見失ってしまい…。

お恥ずかしい話です(笑)。

これを探していたお客さま、ご一報下さい。

0 コメント

待望のスパナ入荷です!

VIVAより輪行スパナが(やっと)入荷しました!

かつては34mmと32mmの兼用タイプでしたが、

コストを考慮して今回は32mmと15mmのスパナとなっています。

1200円、安いでしょ!

クォリティは店主オオマエ確認済みです。

ご来店お待ち申し上げております!

1 コメント

最新入荷情報です!

写真はホイールや自転車そのものを壁面に吊るときのフック、非常に簡便なものがビチサポルトから入荷しています! これが安いんです、800円!
そして、超軽いパナレーサー製の700Cタイヤ、
SOMAのスーパーヴィテスSLの33C(250g)と38C(270g)も入荷
グランボアの軽量チューブ「レール」(650×32〜42AB対応)も在庫しています。
シマノ用アルミスプロケ、TAの14〜24(9速)なんて変わり種も来ています。
細かいところではゼファールのポンプ用のパッキン(22mm径)が大量入荷、
ゼファール(クリストフ)のトーストラップは新色の青、赤が並びました。
キムラ製作所のリフレクターは今なら28から42までフルコンプリート、
ついでにテールランプTL07も在庫中です。
再入荷ではセデスポーツ(黒)が若干数、シマノ・SP-6400の26.8mmもイン・ストック!

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例6

チェーンホイールは、ツーリング車の顔と言われることがあるくらい、視覚的なインパクトが大きいパーツです。エネシクロの3アームクランクは、久しぶりに登場するデザインとなりました。インナー30Tの登場を待って、当店でも積極的に採用しています(10速まで対応)。
Sさんのアプレ・スタンダードはこのエネシクロ46×30にシマノの8速スプロケットを組み合わせ、ブルックスの天然ゴムサドル、カンビウムをアッセンブルしたツーリング車です。こんな雰囲気のアプレもあるんです。

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例5

予約なしで店頭に見えたOさんは、しかし心に決めていたようでスムーズにアプレ・スタンダードの注文へとこぎ着けました。パーツ構成はご予算の提示でお任せいただき、色を、というところで長考が始まりました。
実は、自転車を注文するときに、色を決めずに来店される方が案外多いのです。
当店では見本色を10色、さらに各種色見本を数百種類用意してはいますが、いきなり全体を見ると、迷いは深まることが多そうです。実際問題、1本1本塗っているということは、2色以上の塗り分けも可能なわけですから、組み合わせはかなりの数になってしまいます。
Oさんはフレームカラーこそ展示車から選ばれたものの、さらにブレーキアウターやサドル、トーストラップ、バーテープなど、意外と選択肢の多いオーダーシートに四苦八苦。まぁそれも今となってはいい思い出となっていることでしょう。

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例4

Sさんのアプレ・スタンダードは限られたご予算のなかで、ブレーキの引きの軽さと制動性能に比重を置かれました。そこで採用したのはグランボアのカンティブレーキ。このブレーキは定評あるスイスストップのブレーキシューをセットしており、本体重量165gと軽くできています。細部まで黒いパーツを排除しているあたりもさすがはグランボア。この後、Sさんは街乗り仕様としてプロムナードバーに変更され、超リラックスポジションでアプレを楽しまれています。

0 コメント

ランドナー柄シャツ続報

ダンガリーのサイズSから売り切れが始まっています! これは早い!

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例3

国産の古いツーリング車をお乗りのAさんのアプレ・スタンダードは、「軽くしてほしい」というご注文でした。幸いにもご予算には余裕があったので、チェーンリングにTAを使った上での最軽量仕様としました。TAを使うにはリア9速が限界ですので、パーツアッセンブルはそれを加味したものになります。
ロードレーサーとツーリング車を隔てる大きなパーツ、泥除けとキャリアはほぼ軽量化の余地がありません。しかし、チタンレールの革サドル、チタンシャフトのBBなど、何か所かは大きく軽量化できるポイントがあります。結果的に完成車重量は10.1kgで収まりました。

0 コメント

ランドナー柄シャツとバンダナ、販売開始です!

ついに!

店主オオマエが10分の1図面を書き起こしてスタートした、ランドナー柄刺繍のシャツが入荷してまいりました。

カラーはホワイトとダンガリー、サイズはS、M、Lです。

泥除けや太いタイヤ、ダイナモランプを刺繍で再現するべく何度も試作を重ねました。店頭でぜひ実物をご覧下さい。

 

そして…。「シャツはお小遣いを貯めてから」という方には、バンダナをご用意しました。こちらも2カラーございます。

 

ご来店お待ち申し上げております☆

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例2

Sさんのアプレ・スタンダードは、当店見本色の「さくら」を選ばれました。ちなみにこの色を塗色に選んだオーナーさんは、店主オオマエを含めこれまですべて男性です。
この自転車のパーツ構成は店内の展示車(店主仕様)にかなり近いのですが、ハンドルバーは日東のB112、132、135、136を握り比べた末、136を選ばれたので、そこでルックスが決定することになりました。
最新パーツは、ハイグレードなものになると黒いものが大勢を占めます。それが避けきれない場合、ブレーキアウター等も黒で合わせ、全体を整える今回のようなパターンもアリだと思います。

0 コメント

アプレ・スタンダードの注文例1

アプレ・スタンダードは650×36Bタイヤに泥除けを標準とし、カンティブレーキ台座を備えています。逆にいえば制約はこれだけなので、さまざまなパーツアッセンブルが可能です。何回かに分けて、注文例をご紹介します。

Fさんは、アルプス乗りのご友人の勧めで当店にいらっしゃいました。アプレ・スタンダードの予算の配分は「耐久性」。ハブやBBなど、外から見えづらい部分の錆びにくさやメンテナンス性など、耐久性能を重視してパーツを構成しました。外から見える、変速機などのグレードを気にしがちな大手メーカー車の方向性とは、正反対の発想で作られたツーリング車です。

0 コメント

重量50%オフ。

ツーリング車を製作するにあたって、重量を大きく軽減できる部分はそれほど多くはありません。

そもそも、自転車の軽量化というものは(行き着くところまで行ってしまうと)、1グラム軽量化するのに1万円かかったりするくらいなのです。

そこへこのウルトラライトブレーキケーブルの登場です。

アルミをスパイラルしたブレーキアウターは、ステンレスアウターに比べてちょうど半分の重量しかありません。販売単位である2mで比べると、およそ60グラムの軽量化が可能なんです!(アルテグラのRDをデュラに替えても30グラムちょっとしか変わらないんですよ) すごいでしょ☆

 

かつて存在したCLBのアルミアウターは、レバータッチがぐにょぐにょしてイマイチな製品でしたが、このウルトラライトブレーキケーブルは違います。組み付け時の初期縮み(せいぜい1%程度)をクリアすれば、満足できるレバータッチをお届けします。

本日入荷予定!

0 コメント

ビンテージブレーキケーブル

グランボア×日泉ケーブルによるオリジナルケーブルシリーズ、最初のビンテージブレーキケーブルはライナーが入っていない点も含め史実に忠実でした。

もちろん、それでもフランス車やイタリア車、それに今のブレーキアウターにない雰囲気を出したい人には好評だったのですが、多くのファンの声に応えて、ついにバージョン1.1ライナー入りが登場しました!

Ver.1.0からの変更点としては、もちろんライナーが入ったことがいの一番に挙げられますが、イタリアンに付属する円筒形のカップが、真鍮製真鍮色のものから、末端でテーパーになったメッキのものに替わっています。

まだ若干量の入荷ですが、浅草でも発売開始!です。

 

そうそう、当店の最新情報はこのブログの他、フェイスブックにもときどきアップしていますよ!

0 コメント

ニューサイクリングのバックナンバー!

またまたニューサイクリング誌のバックナンバーが大量入荷しております。5月末までの同誌バックナンバー(臨時増刊を除く)の売り上げは全額、日本赤十字社を経由して熊本地震の義援金とする予定です。

店頭では募金箱も用意し、熊本地震の被災者の方々への募金も集めております。ご協力よろしくお願い申し上げます。

※バックナンバーの在庫に関して電話、メール等でのお問い合わせはお断りしております。

0 コメント

ご注文に関しまして!

東京は桜の季節を過ぎ、4月下旬となりました。

当店は7月に1ヶ月という異例のお休みをいただく関係で、フルオーダー車(アプレ・スペシャル)の納期はそろそろ、8月以降となりそうな気配です。

また、アプレ・スタンダードも、6月中の納車をご希望される場合、なるべく早めのご注文をお願い申し上げます。

 

写真はEさんのアプレ・スペシャルです。極秘に進められたプロジェクトのパーツを使用した1号車となります。現在、メッキ工程を終了して、塗装に向かっております! Eさん、もうしばらくお待ち下さいね。

0 コメント

16日(土)の予定です

今週土曜日、4月16日は、恒例の京王閣フリーマーケットが開催されるそうです。

当店は営業があるためそちらにはうかがえないのですが、フリマのお客さんにも当店を知っていただくため、この日に限り、ちょっとだけ「蚤の市」を行います!

開店の12時から15時までの間、店頭の大きなサブロクの板の上だけ、30〜40点ほどのパーツを販売します。普段は店頭に並んでいないクラシックパーツや中古パーツを探しに、ぜひ当店にも足を運んで下さいね!

0 コメント

予約受付開始します!

CCPとオオマエジムショのコラボシャツ、予約受付を開始します!

 

白は「百双」と呼ばれるドレスシャツに使われる素材で、青はいわゆるダンガリー、いずれもコットン100%。すでに販売していた自転車柄刺繍をさらにバージョンアップして、当店オリジナルの「泥よけとダイナモランプ付きの自転車」柄で製作されます!

価格は20,000円(+消費税)とちょっと高価ですが、カジュアルからセミフォーマルまで、一目で「自転車がお好きなんですね」とわかってしまう高性能シャツです。

限定数生産につき、予約しないと入手できないかもしれません。お早めのご予約をお待ち申し上げております。

 

予約は当店ウェブサイトの「ご予約・お問い合わせ」画面からと、店頭でのみ受け付けます。なお、入荷は5月下旬を予定しております。

 

0 コメント

CCPxオオマエジムショコラボシャツ、ついに登場!

構想3年、ついにできあがりましたオリジナルシャツ

CCPさんの全面協力の下、店主オオマエが10分の1図面を起こしてデザインされた、ツーリング車の刺繍が入ったシャツです!

もちろん店頭で見本をご覧いただけます。

近日発売予定、明日、3月31日より店頭で予約受付を開始します!

1 コメント

満開

西浅草は満開となりました!

宅急便のお兄さんが写真を撮っていましたよ〜!

0 コメント

プロダイ6用Wピン

スギノのデッドストック、プロダイ6用Wピンが入荷しています! 寸法的にはTA・シクロツーリスト互換(ネジピッチも)ですが、独特のデザインだったので、探していた人も多いと思います。

 

ご来店お待ち申し上げております!

0 コメント

コインパーキング

今日はもう一つお知らせがあります。

当店にクルマで来店された方には、近隣のコインパーキングをご案内していましたが、この度、当店向かいにコインパーキングがオープンします。

クルマでいらっしゃる方には少し便利になりますが、この空き地の壁面が実は自転車を駐めるのに便利だった気もするので、複雑な心境です…(笑)。

1 コメント

一分咲き

浅草寺境内の桜は一分咲きといったところでしょうか、来週あたり、お花見が楽しめそうですね! お花見前にはぜひ当店にもお立ち寄りください。

店内には新製品が続々お目見えし、春のシーズンの訪れを実感していますよ〜!

0 コメント

桜前線

三寒四温とはよく言ったもので、春の足音は徐々に近づいてきている様子です。インターネットで桜前線の予想を見ながら、サイクリングの計画を立てるのが楽しみな今日この頃、午後のちょっとだけ、走りに行ってきました!

 

終日、素手で走ることができるほど暖かかった今日ですが、花粉もまた猛威をふるい、這々の体で帰ってまいりましたが、やはりサイクリングは楽しいですね〜!

 

写真は神奈川県の三浦半島です。

0 コメント

ブルックスの2016カタログ

ブルックスを扱うダイアテックの2016カタログが到着しています。

大部のため配布というわけにはいかないのですが、今回はブルックス・カンビウムについて店主オオマエが書かせていただいております。気になる方は是非店頭でご覧下さい!

 

もちろんカンビウムC17、C15、C13も現物をご覧いただけます。ご来店お待ち申し上げております〜!

0 コメント

サンエクシード用インナー

サンエクシードのチェーンリングに対応するインナー26Tができてまいりました!

製作はもちろんシィティズです。

PCD的にはおそらく24Tも製作可能なのですが、サンエクシードの最小アウターが44なので、フロントディレーラーのキャパシティが足りないと思われます。

ともあれ、44×26というギヤレシオがここでも再現可能となりました。ちょっと値は張りますが、アウターごと作るよりは廉価に仕上がりますよ〜!

0 コメント

エリートのボトルケージと、あのボトルです!

お待たせしました! 昨年入荷して即、完売してしまったエリートのアルミボトルと、同時に発表されたハンドル用ボトルケージ(今回はダブル用のみの入荷です)が入って来ております。

このボトルケージは、分解してボトル台座用に…と密かに考えていたのですが、寸法的にはちょっと厳しそうです(笑)。

 

この週末、今日の土曜日は天気があまり良くないのですが、こんな日はオーダーなどじっくりとお打ち合わせさせていただくのにピッタリな日でもあります。明日、日曜日は晴れそうですよ!

ご来店、お待ち申し上げております。

0 コメント

最新パーツ入荷中!

かゆいところに手が届く品揃えのトピークから、またまた面白いシリーズが発売されています。

 

 

写真上は「ニンジャC」。ハンドルバー内に仕込むチェーン切りです。ハンドルバー内径は16〜20mm、直線部70mmが必要とされており、当店主力の日東・B112、132、135、136はいずれもクリア。バーエンドの代わりに入れるので、バーテープの巻き方もこれに合わせたものになりますが、空いたスペースを有効活用するのは素晴らしいことです!

 

 

そして写真下「ニンジャP」。そう、ついに出ましたシートピラーの中に仕込むポンプ! 今や数万円もするクラシックインフレーターの帝王、アドホック・クールスは、細身ゆえにシートピラー内に入れていた有名ブランドがかつてありましたが、それを現代に復活させたかのようなアイデア製品です。こちらはピラー側の内径が実測で21〜22mm必要なのですが、当店主力の日東・S65(26.8mm〜)、エネシクロ(26.8mm〜)はいずれもクリア。廉価なカロイ系で厳しい製品がありますが、おおむね大丈夫です。あくまでもミニポンプなので圧を高めるには十分な回数のポンピングが必要ですが、ピラー内に仕込むという点ですでにアイデアの勝利は見えていると言い切ってしまいましょう!

0 コメント

修理完了

那須のHさん、インフレーターの修理がようやく完了しました! ご来店、お待ち申し上げております。

1 コメント

隅田川から荒川へ

今日の浅草はキレイに晴れて、サイクリング日和でした。

開店前にちょっとひとっ走り、某メーカーさんの依頼で、

写真撮影に行って参りましたよ。

 

北上は少し寒かったのですが、

南下に転ずるとお日様が暖かく、さらに追い風。

気持ちよくお店まで戻り、定時に開店できました〜。

 

モデルのOさん、ありがとうございました。

0 コメント

メリダ・リアクト

昨晩は残業でした……。

0 コメント

ZL-55P入荷しました!

大変お待たせしておりましたフロントバッグサポーター「ZL-55P」、入荷しました! 今回の入荷を逃すと次は来年になるかもしれないくらい人気の商品です! 少し値上げにはなっていますが、日東・NPステム(旧称パール)との相性もバッチリなこのバッグサポーター、お持ちでない方はこのタイミングでぜひ使ってみて下さい!

 

ほぼ同じタイミングで、キムラ製作所製電池テール「TL-07」も若干数入荷しています。今ならキムラのリフレクターも各サイズ揃っています。

 

 

0 コメント

お客様のお便りから

オールメッキのaprèsは、少し前まで当店ウェブサイトのトップページを飾っていたSさんの愛車です!

 

Sさんから、寒さにも負けず(今年は少々暖かいですが)サイクリングをされている写真が届きました。

「アプレは絶好調です。
冬も走りますよ~」

とのこと。

天気のよい日は、ちょっとでも走りたいですね!

5 コメント

オーバーロックナット寸法120mm

リアエンド幅120mmの自転車に使えるハブが、まだ現行品で存在します。写真は、グランボア・LFQR。そんな、奇跡のようなパーツに、何枚のスプロケットが入るのか……。

贅沢にも11速スプロケットの一部をバラで仕入れて、試してみました!

 

あえなく玉砕、7枚です。つまり、120mmの自転車には、最大7枚のスプロケしか入らないということ。これは10速スプロケットと同じ結果です。だとすれば無理にチェーンを薄くする理由は、ここにはありませんね。

なお、こういう使い方をする場合、チェーンホイール側などいくつかの制約が生まれますので、ご注意下さい。

0 コメント

あけましておめでとうございます

皆さん、あけましておめでとうございます。

CYCLE TOURING オオマエジムショです。

当店は無事に4回目のお正月を迎えました。

これもひとえにご来店いただいたお客様のお陰です。

本当にありがとうございます。

 

年始は1月4日(月)より営業いたします。

ご来店お待ち申し上げております!

 

店主・大前 仁

 

0 コメント

スペシャルスポーク追加!

当店のホイール組は主にDTと星工業のスポークを使っています。標準的にはプレーンスポークなのですが、軽量や超軽量を狙う場合、DT・レボリューション(2.0-1.5)や星の2段飛びステンバテッドを用意しています。

 

この度、一部のサイズではありますが、星の#15-17をオーダーし、納品されました。これは282mmで4.3gと、DTの4.7gを凌ぐ軽さを実現していますが、製造元の現場では「オススメシナイ」とのアドバイスも頂戴しています! ご注文、お待ち申し上げております!

1 コメント

ルネ・エルス入荷!

ルネ・エルスが入荷しています!

もちろん販売します。

おそらく1974年のもので(エンドの刻印が読みづらくなっています)、コンディションは良好、即乗車可能です。ライトは前後とも点灯を確認しています。

 

サイズが合えばお買い得な価格を設定しましたが、現状渡しとなります。また、店頭での販売に限定させていただき、電話やメールでのお問い合わせは恐縮ながらお断りさせていただきます。

(お支払いは現金に限定させていただきます)。


※同日補記、ご成約いただきました!

 

スペックは以下の通り。

 

フレーム/レイノルズ531・シート560mm(C-T)、トップ555mm(C-C)
リム/スーパーチャンピオン
ハブ/マキシカLFQR
タイヤ/グランボア・セールヴェルテ700×28C
チェーンホイール/ルネ・エルス50×42×30 170mm
ディレーラー/ユーレー・ルックス
フリー/アトム 14-15-17-19-21
ブレーキ/ワイマン#610
ペダル/カンパニョーロ・スーパーレゲロ
ハンドルバー/未詳
ステム/ルネ・エルス65mm
サドル/イデアル#90軽合

0 コメント

お客様のお便りから

先日、après・スペシャルをお納めしたUさんより、「初ロングライドしてみました」とのメールをいただきました。

「650B-36タイヤのお陰で振動が少なく距離を乗っても疲れません」、「Wレバーも操作が慣れると、カチカチと決まって具合がいいです」とお褒めの言葉をいただきました。


写真はJR水郡線沿い、久慈川の橋からのものだそうです。

Uさん、ありがとうございました!

0 コメント

アプレ・スタンダードⅡの秘密#12

シートステイ上端部は、いわゆる二本巻シートステイとなっています。このフタ部分は大きなカーブを描くトラディショナルなデザインとなっており、京都のサイクルグランボアさんの協力を得ています。

なぜ巻きステイか?という議論は容易ではないのですが、一つの理由としてはシートステイを直線で結ぶとき、カンティ台座やセンタープル台座を適切な幅で取り付けたい、というのがあると思います。

いずれにせよ、フタ部分の意匠は少しずつ様々で、工房ごとの作風が楽しめる点であります。

0 コメント

ファウデのポンチョ

ファウデの自転車用ポンチョ「Valdipino(ヴァルディピーノ)」が入荷しています!

気になるフード部分は後方でのベルクロによるサイズアジャストと、フード部のドローコードでほぼバッチリ。欲を言えばツバのしっかりしたキャップを被ると、後方視界も完璧と思われます。

サイドからは両手を出すことができますが、基本的には内側のループに手をくぐらせてハンドルを握り、ライディングポジションをとります。フロントポケットに折りたたんで収納できるのも秀逸です。

今回、日本に入ってきているサイズはS/MとLの2種類、カラーはレモン(写真)、マンゴー、レッド、マリンの4色、価格は4500円です。サイズ感は店頭でご確認下さい!

0 コメント

アプレ・スタンダードⅡの秘密#11

アプレ・スタンダードⅡのラグは、スタンダードⅠから変更となり、日工産業製のハイテンション鋼ハイドロフォーミングラグになっています。ハイドロフォーミングは、ラグの肉厚分布が末端に行くにしたがって薄くなるので、応力を考えると理想的な形状になっています。

ラグのカットはオオマエジムショがデザインし、日工産業によっておおざっぱに切り抜かれた後、東洋フレームが素晴らしいセンスでシェイプしてくれています。これがメイドインジャパンの実力です。

0 コメント

ニッカーホース登場!

かねてから気になっていたステムデザインさんより、ニッカーホースが到着しました!

カラーは3種類、ブラックチャコールネイビーで、それぞれ足首あたりに2本のラインが入ってワンポイントとなっています。

サイズはフリーで、おおよそ24〜28cmの方に対応します。


気になる丈(長さ)は十分で、店主オオマエにも楽勝で膝上まで来ています。

お値段は4600円、ただいま3カラーとも在庫中! ご来店をお待ち申し上げております。


0 コメント

フランス風味な新ペダル

SOMA(ソーマ)から新しいペダルが入荷しました。シトエヨン・デュ・モンドと名付けられたこのペダルは、信頼の三ヶ島製作所製。SOMAオリジナルデザインのプレートがとってもオシャレで、自転車の雰囲気を一変させます。


デラックスのほうはプレートのカラーがメッキとカッパー、スタンダードのほうはシルバーとブラック、カッパーが選べます。いずれも重量は390gで、シルバン・ツーリングと同等です。


回転部の仕様もデラックスのほうはプライム・シルバン相当で、研磨された玉押し・ワンとクロム球で構成されていますよ。久々に、ここから自転車が生えてくる予感!です。

0 コメント

ライトの修理

アルプスで使用していたライトの修理をご依頼のS様、修理完了しております!

1 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#10

アプレ・スタンダードの基本仕様は、泥除けステイをRバンドと低頭ボルトで固定するもの。ですから、リアエンドのダボにはM5x0.8のネジが切ってあります。

でも、環付きをはじめとするダルマネジを使いたいと考えるお客様には、もちろんそれを使います。そのために重要なのは、内側の「逃げ」エンド設計当初からここに1mmの逃げを作り、ダルマネジのナットとチェーンの干渉を防いでいます。

もちろん、こういったケースでは薄型の3種ナットを使っています。3種のナットは1種に比べ2割減の厚みとなるので、ありがたいです。ここでは軽量化のためのアルミナットより、クリアランスのための(ステンレスの)3種ナットが優先されます。

0 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#9

フロントフォークの材料の、先端付近の細い部分を使用し、それを所定のアールで(もちろん手で!)曲げる作業は、簡単なものではありません。それが証拠に市販車のほとんどは、ここが「く」の字に曲がっています。

クロモリ鋼をこのように曲げる作業は、実は乗り心地の良さに直結しています。性能のいいフロントフォーク、そしてタイヤ。上品なサスペンション効果は、ツーリング車を愛する人だけが知る感覚です。

0 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#8

輪行のときは、後輪を外します。そうするとチェーンが行き場を失ってぶらぶらしますよね。それを引っかけておくのが、チェーンフックの役目。小さい直付け小物ですが、役割はとても重要です。

この小物の位置も、実はブランドによっていろいろな解釈があります。チェーンステイとシートステイの2箇所にこれを取り付ける工房もありますね。輪行を基本とするオオマエジムショの基準は、この位置、この小物です。

0 コメント

会津のKさん

当店の常連さんのなかでは再遠方に近い、会津若松からご来店のKさん。

昨日は山岳サイクリング研究会の集中ランにゲスト参加され、本日は浅草までご足労いただきました……御年66歳とのこと!


そして、「やっぱりフォーク抜きの輪行車がほしい」とのご相談を受けました。アルプスを始め、ヒロセSWペガサスなどを乗り継いで来られたKさんのご注文、時間をかけてお打ち合わせさせていただきます!

0 コメント

隅田川

0 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#7

自転車が走行しているところを動画で見ると、思ったよりもずっとチェーンが上下に暴れているのがわかります。これではフレームは傷だらけになるのが普通。それを防ぐのが、チェーンステイに取り付けるゴム帯です。

製品自体はゴムなので、多少伸びます。だからといって、それを取り付ける側の台座寸法がイイカゲンでいいわけではなく、とくに前側は、フロントディレーラーに干渉する可能性があります。写真の位置が、オオマエジムショのデフォルトです。

0 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#6

すべてのアプレに使われるヘッドバッジは、浅草の中島徽章によってプレスされた逸品です。ホイールのデザインをベースに作られており、よく見ると泥除けも付いていて、ハブはラージなんですよ!

一般的な径のヘッドチューブに合わせて曲げられているこのバッジは、一台一台、ドリルで穴を開けて取り付けられ、自転車が完成します。この意匠は、店主オオマエと古くから付き合いのある松下浩一デザイン事務所によるものです。

0 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#5

アプレ・スタンダードに使っているリアエンドは、ストレート・ドロップアウトエンドと呼ばれる形状です。車輪を1箇所で確実に固定し、輪行の時は容易にドロップアウトすることができるデザインです。

ここに採用している東洋フレームストレート・ドロップアウトエンドは、実はオオマエジムショとの共同設計によるものです。必要最小限のサイズでキレイな形状、そしてこだわったのは、ステイダボの位置。なかなか、こんなエンドはないんですよ。

0 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#4

アプレでは、基本的にはブレーキワイヤーの内蔵処理を推奨しておりません。これは、どんな技術を使ってもほとんどの場合で外装より抵抗が増えてしまい、ブレーキの引きの重さにつながってしまうから、というのが理由です。

そして、トップチューブに直付けされるアウターカップも、輪行などのときにワイヤーを外しやすくするよう、割りが入っています。そして割りの方向は……写真の通りです。理由はおわかりになりますか? オオマエジムショのささやかなテクニックです。

0 コメント

Nさんのアルプス

Nさん、オーバーホール完了しております!

0 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#3

アプレ・スタンダードは、東洋フレーム製のハンドメイドならでは、細かい部分まで気を配った仕様が自慢です。泥除けは、裏側からネジ止めする「隠し止め」で処理しています。

フロントの泥除けの隠し止めは、リアに比べて固定する部分が少ないため、より「しっかり」固定する必要があります。そこで1段階太いネジ、M6×1.0を使用し、ネジを受けるフレーム側も、泥除けのカーブに合わせた斜めの小物を製作して取り付けてもらっているのです。

0 コメント

新作ニッカー!

CCPさんより新作ニッカーハンチングが到着しました!

ハンチングはフリーサイズ、ニッカーはS、M、Lの3サイズ展開で、いずれもグレーとブラウンの2色があります。店主オオマエはグレーをまず使おうと画策中です。


ニッカーはウール50%の2ウェイストレッチで、気になる裾のフィッティング調整はボタンが2箇所付いています(店主オオマエ的にはここをカスタマイズしてもらえないか交渉中)。


ハンチングはサイズアジャスターが付いているので、自分好みに調整できますよ。


いずれも展示中ですので、ぜひ見に来て下さいね☆

2 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#2

ブレーキ台座の位置は、実は使用するブレーキ本体、そしてリムによって1箇所に決まるものです。つまり、厳密にいえばブレーキを換えれば台座の位置が変わり、リムが替われば台座の位置が異なる可能性があるのです。

アプレでは、このカンティ台座の位置を、左右の間隔も含め正確にコントロールして、製作してもらっています。だから、ブレーキは「ちゃんと効きます」。スタンダードフレームといえども、手を抜くことはあり得ません。

0 コメント

カラーで悩んでいます☆

写真は、はるばる名古屋からご来店の彼と彼女。フレームの色は一番目立つところに置いたアプレの「そらいろ」に即決だったのですが、まだまだ、バーテープもサドルもレバーパッドも、ブレーキアウターの色まで選べるものですから、その組み合わせの数たるや……、悩み始めると大変です(笑)。大きなお買い物ですから、どうぞゆっくりとお楽しみ下さい!


この週末、浅草の天気は大丈夫そうです! ご来店、お待ち申し上げております。

0 コメント

アプレ・スタンダードの秘密#1

アプレのツーリング車の中で永遠のセンターは、スタンダードです。自転車全体のコストの半分以上を占める高額なフレームですが、メイドインジャパンのフレームは、価格以上のクオリティを持っています。

精度、それはフレームのセンターや、各パイプの寸法だけではありません。ブレーキ台座やアウター受けなど、構成要素の多いツーリングモデルこそ、クオリティーコントロールが性能に直結します。ゆっくり楽しく走る自転車は、ものすごく高精度でなくてはならないのです。

0 コメント

中川様

本日、お問い合わせ画面よりお問い合わせをいただいたY県の中川様、返信メールが戻ってきております。記入していただいたメールアドレスの不具合かと思われますので、ご面倒ですが再度、ご連絡をいただければと存じます。

よろしくお願い申し上げます。 大前

0 コメント

亀甲パターン

写真左は本所のH50-26CN、亀甲パターンの泥除けです。右は今はなきレフォールの亀甲。よく似たデザインではありますが、レフォールはフチまで亀甲模様がないのに対し、本所のはもう一列、フチまで亀甲模様です。

 

本日(9月14日)正午現在、当店の泥除け在庫はこのH50Cのほかに、

亀甲がH27(700C用)、H31C、

その他がH1、H2、H29、H30、同ジョイント、同26HE用、H31、同700C用、H47となっております。

半径は特記したもの以外、26インチ用と考えて下さい。

 

何しろ在庫することが困難すぎる本所の泥除け、お買い求めは計画的にお願い申し上げます(笑)。

0 コメント

トリプルチェーンホイール

スギノエンジニアリングさんがトリプルチェーンホイールをやめるのではという噂を聞きました。

当店はダブルよりもトリプル、という店ではないのですが、それでも選択肢が減るのはいささかショックです。


もしそうなると、トリプルチェーンホイールはサンエクシード+TAのチェーンリング(トリプルピンはTAかグランボア)、未見ですがエネシクロ、そしてシマノ・ティアグラくらいしかなくなると思われます。


特に長さや歯数のバリエーションは、チェーンホイール専業だったはずのスギノさんならではのものがあったはずで、本当になくなるなら残念というほかありません。


店主オオマエは慌てて最後のXD2を仕入れております…。


0 コメント

スモールパーツの棚が登場します!

店主オオマエが個人的に待望の(笑)、スモールパーツの棚が登場します☆


これは当店作業場にあったものの一つなのですが、ネジやスプリングなどの小物を、お客さんが自ら心ゆくまで探すことができるようにと、店内に移動してきたものです。


まだ中身の値付けが終わっていなかったり、「あわわ」と引き下げなきゃいけない貴重品も入っているかもしれないのですが、せっかくなのでお目にかけることにしました!


理想はかつての「トモダのカタログ」ですが、なかなかそこまで部品が揃いません。ですが、がんばって中身を充実させておきます!ご来店、お待ち申し上げております☆

0 コメント

新しいキャップが到着しています

本日の浅草は、早い時間帯には青空も見えていたのですが、また微妙な曇りとなっています。長袖を着るほど涼しくなったり、でもやっぱり蒸し暑くなったり、なかなかスカッと晴れませんね〜。


ところでCCPさんより新作のキャップが届きました! 3種あってサイズはフリーです。それぞれに素材、風合いが若干異なりますので、ぜひお手にとってお確かめ下さい。これからの季節にぴったりのキャップですよ☆


ご来店お待ち申し上げております。

0 コメント

カラフルなバーエンド

東京は朝晩、随分と涼しくなりました。空はすでに秋の気配。道路地図を広げながら、秋のプランを考える毎日です。


お店には、フランス・ラスティーヌのバーエンドが少量入荷しています。ベロックスを彷彿とさせるゴム系のドロップハンドル用バーエンドは全6色。フレームカラーやバーテープに合わせたコーディネートも楽しそうです。ご来店、お待ち申し上げております。

0 コメント

お客様より

ライトウェイ・パスチャーを輪行して日光に行ってきた(これが初輪行だそうです!)お客様より、光徳牧場付近の写真をいただきました! 初輪行ツーリングのドキドキ感は、何歳になっても忘れられない、楽しい思い出となることでしょう。

パスチャーは廉価なわりに前後輪がクイックレリーズだったり、もともとの設計が素直なので、改造も楽しそうです。Sさんお気に入りのコーフー・BC-oroのヘルメットもお似合いでした!

1 コメント

都内ポタリング

火・水と定休日なので、都内をポタリングとシャレ込んでおります。

といっても八丁堀〜銀座〜御徒町〜秋葉原と、業務としか思えない人もいるかもしれませんが…(笑)、都内もなんとか走ることのできる気温になってきたということでしょうか?


そろそろ秋のツーリングプランを確定する時期ですね! 今夜も地図とにらめっこ、楽しいプランができそうです。

0 コメント

27年目のメンテナンス

フレームサイズ450mmでありながら650Aホイールを履いたツーリング車、オーナーのOさんが学生時代に乗っていた自転車です。店主オオマエの卒業した大学サイクリング部の後輩にあたる彼女からの依頼で、「安心して乗れるように」とメンテナンスをさせていただきました。

入手から実に27年になるという岩井商会・ガンウェルの自転車ですが、タイヤ、チェーン、5段フリー、各ワイヤーやブレーキシューの交換だけでほぼOK。自転車って長持ちしますね〜☆


そして。お持ち込みの時もお引き取りのときも、彼女はこの自転車を輪行してクルマに積み込んだのですが、その手慣れたフォーク抜き輪行の手つきは、20年以上のブランクをまったく感じさせないものでした。ペダルを外すときの工具の向きでさえ、躊躇なく正しい方向で回していたのには感動しました!


Oさん、また何年かしたら点検に来て下さいね!


0 コメント

1979年製アルプス・クイックエースです

1979年製アルプス・クイックエースの中古が入荷しました。二代目萩原慎一氏の雰囲気が色濃く漂う、いかにも(神田の)アルプスらしい、アルプスです。

 

 

この自転車はワンオーナー車で、オーナーさんが置き場所に困り、泣く泣く当店に次のオーナーを探すよう委託されたものです。経年に伴うキズがあります。2006年にアルプスにてオーバーホールされており、電装を含め動作に問題はありませんが、販売後の点検等は当店のaprès同様にさせていただきます。

 

 

仕様

フレーム・シート560mm/トップ530mm
ヘッド小物・タンゲMA60+アルプス・クイックバンド
ハンドル・日東#132(410mm)・日東・ネオダイナミック70アルプス改
チェーンホイール・スギノ・プロダイ/TA・48-43-30
ペダル・三ヶ島
コントロールレバー・サンプレ
Fメカ・サンツアー・SL
Rメカ・サンプレ・クリテ
フリー・サンツアー・パーフェクト15-24(5S)
チェン・DID
ブレーキ・マファック・クリテ
ブレーキレバー・吉貝・200H
ホイール・アラヤ/シマノ・600LFQR/三ツ星・シルバースター38A
サドル・ブルプロ(77)/藤田・ベルト26.8

※付属品・アルプス帆布製輪行袋

 

なお、あくまでも中古車なので、仕様は現状を優先とさせていただきます。また、価格を含め、メールやお電話等でのお問い合わせはお断りします。ご来店のうえ、ご検討をよろしくお願い申し上げます。

※8/15追記。売約済みとなりました。ありがとうございました。

3 コメント

ヘッドバッジ

皆様、お暑うございます。

当店はクーラー1基で営業しておりますが、中に入って来られたお客さんは「外に比べれば天国」と涼んでいかれます。店舗が北向きなのもラッキーなのかもしれません。ともあれ、がんばってお店まで来ていただければ、しばらくはお休みいただけると思います。


それはさておき。

aprèsの真鍮製ヘッドバッジの追加生産分が上がってまいりました。今回も製作は中島徽章さんです。細かい指示を苦もなく実現して下さる中島さんには、いつも助けられています。8月は新車もばりばり組み立てますよ! ご来店、ご注文お待ち申し上げております。

0 コメント

アレックス・サンジェでは

店主オオマエのツール・ド・フランス取材は無事に終了し、アレックス・サンジェに立ち寄っています。オリビエ・スューカ氏はグランボアの700×23C(エクストラレジェ)が大のお気に入り、働いているビクトール・ドゥクワラー氏は同じく26Cのエクストラレジェに惚れ込んでいるそうです。まもなく帰国、そして8月1日(土)からお店を開けますよ〜☆

0 コメント

バックナンバーをご用意しました

当店ウェブサイトのトップページからダウンロードできるデジタルマガジン「サイクルフィールド」のバックナンバーをご用意しました! うっかり読み逃してしまっていた方も、今なら昨年11月に発行した号から読んでいただけます。ぜひご活用下さい◎

0 コメント

フロントバッグ入荷しました!

お待たせしました、オーストリッチのフロントバッグが入荷しました!

今回は当店オリジナルF-104N(生成)F-104(生成)に加えて、

海外発注のブラックカラー

F-104N(黒)F-104(黒)が限定入荷しています。

寸法等の仕様はそれぞれ生成バージョンと同一ですが、黒は珍しいですよね! 自転車の色に合わせて選べるアズマ産業さんの細かい心配り、感謝しつつ発売中です☆

0 コメント

アプレの転写マーク

Sさんご注文、オールメッキの自転車の組み付け作業中です!

ダウンチューブに貼られるアプレの転写マークは、通常は塗装屋さんにお願いして貼ってもらい、その上からクリアを吹いてもらっています。

しかし、この自転車はクロームメッキでの仕上がり(この上にクリアを吹かない)なので、転写マークは店主オオマエが貼ることになりました。


ダウンチューブをぐるりと一回りするデザインなので、ちょっとコツが必要な作業です。というわけで定休日に気合いを入れて作業しました! Sさん、間もなく完成です!

3 コメント

「新・冒険王」

みなさんは劇作家の平田オリザさんをご存じですか? 1979年、高校を休学して自転車で世界一周の旅に出た平田少年は今、52歳。鳩山内閣時代には内閣官房参与を務め、現代口語演劇理論を提唱する氏による、自伝的な舞台がこの「冒険王」、そして「新・冒険王」です。

当店はアプレ・スタンダードⅡをフルキャンピング仕様に仕立て、サイドバッグやスペアタイヤなどをてんこ盛りにして、ポスターの撮影に協力させていただきました。店頭にはパンフレットを置いてあります。よろしかったらどうぞ☆

2002年、イスタンブールの安宿を舞台にしたこの「新・冒険王」は6月29日まで、東京・吉祥寺シアターで上演中です。

1 コメント

お客様より

会津方面をツーリングしてきたアプレのオーナー、Kさんより写真をいただきました☆ 6月第1週の田代山林道あたりでしょうか、青い空がキレイですね!


そして驚いたことに、同宿した別グループのサイクリストの中になんと! アプレに乗ってきた人がいたそうです。まだこの世にそれほど多くのアプレが走っているわけではないので、2台のアプレが偶然に出会ったという話に、店主オオマエはかなり感動してしまいました。

これが偶然でなく必然!というくらいにアプレが広まるのを、楽しみにしています。

2 コメント

週末は!

13日(土)と14日(日)の二日間、当店はセールを開催しますよ☆

ニューサイのバックナンバーや中古のボスフリーだけではなく、

ジャンクな部品、新品、レギュラー品のディスカウントなど、

かなり楽しいセールになっています(自社比)。

試乗車もお勉強価格で販売予定です!


※当日は恐縮ながら現金のみのお支払いとさせていただきます。

※両日とも販売数量には限りがあります。ご了承下さい。

 

0 コメント

真岡市・大前神社です

梅雨の晴れ間が定休日に! というわけで本日は半日ツーリングです。

益子から真岡、そして石橋まで〜。

オオマエジムショといえば、ここにお参りしないわけにはいきません!

真岡市の大前(「おおさき」と読みますが)神社にも寄ってきました。

交通安全お守り、もちろんゲットしてきましたよ☆

0 コメント

6月13日(土)と14日(日)、スペシャルセール開催!

オオマエジムショでは、7月のお休みを前に店内のプチ改装を敢行しました!

まだ発展途上な店内ですが、より見やすく、親しみやすいお店を目指し、精進しております。

そして! 来週になりますが、13日(土)と14日(日)の2日間限定で、スペシャルセールを開催しちゃいます!

当日は中古のボスフリーのようなジャンクなものから、当店オリジナルのレギュラー商品を特価でご提供するなど、かなり画期的なセールにする予定です。お誘い合わせの上、ぜひご来店をお待ち申し上げております。

写真のような特価シールが目印です★

※店頭の完成車(試乗車を含む)も、一部をセールの対象とする予定です!

※なお、当日は現金購入のみとさせていただきます。ご了承下さい。

2 コメント

5ピンのチェーンリング

すでに5ピンクランクをリリースしているサンエクシードより、5ピン対応のチェーンリングが入荷しました! 懐かしのルネパターンです

当店が仕入れたのはアウター46と44、そしてインナーは28です。当然ですが適合するWピンも在庫しています。アウターを見る限り、9〜10速に対応してくれそうです。

PCDは74近辺のようで、スギノ・旧ルネパターンや現ルネ・エルスとの互換性はなさそうですが、もう少し小さいインナーを作ってくれればよかったのに! でも、シィティズさんに頼めばなんとかなりそうです。

今なら即納! ご来店お待ち申し上げております。

0 コメント

CYCLE TOURING オオマエジムショ blog

ダウンロード
サイクルフィールド 2017年3月号
3月号をお届けします。都内では梅が咲き、少しずつ春が近づいている気配です。まだ山の方では雪がありそうですが、いざとなれば引き返すのもサイクリングの自由なところですね☆
CF1703v2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 17.5 MB

facebookのロゴをクリックすると、当店のページへ移動します。