アプレ・スタンダードの秘密#1

アプレのツーリング車の中で永遠のセンターは、スタンダードです。自転車全体のコストの半分以上を占める高額なフレームですが、メイドインジャパンのフレームは、価格以上のクオリティを持っています。

精度、それはフレームのセンターや、各パイプの寸法だけではありません。ブレーキ台座やアウター受けなど、構成要素の多いツーリングモデルこそ、クオリティーコントロールが性能に直結します。ゆっくり楽しく走る自転車は、ものすごく高精度でなくてはならないのです。

ダウンロード
サイクルフィールド 2017年5月号
東京の桜は終わりましたが、甲信越など僕らが得意とする山間地の桜は今が見頃。ということはこれから東北へと桜前線が北上するはずですね。5月号をお届けします。
CF1705v2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 15.8 MB

facebookのロゴをクリックすると、当店のページへ移動します。