フレームの修理

28.6mmのシートチューブにフレンチサイズのフロントディレーラーをムリに取り付けようとして、チューブが歪んでしまったのを修理していただきました。

修理の方法はいろいろあるそうですが、その幾つかを組み合わせながらの修理を、幸運にもライブで見ることができました。フレームには熱を加えたので、最後は狂いをとって終了。このあと、フレームは再塗装へと進みます。


オーバーホール、あるいは再塗装ついでといっては何ですが、フレームの修理や芯のチェックも承っておりますよ! 敏腕、あるいは天才ビルダー諸氏が、手ぐすね引いてお待ちしております。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    シバ (日曜日, 30 7月 2017 16:20)

    初めまして。柴と申します。ランドナーのリペアをお願いします。実際は現在エルベシアバーでプロムナード寄りの自転車ですが、ハンドルを手持ちのプロムナードバーに変更をお願いしたいのです。現在はインサートブレーキレバーなので、穴あけ等の作業が必要です。タイヤも手持ちの物に変更希望です。ご検討ください。
    090-3570-5527

  • #2

    オオマエジムショ (日曜日, 30 7月 2017 16:29)

    柴様 お問い合わせありがとうございます。お預かりしての作業となりますが、問題なく可能と思われます。ご来店お待ち申し上げております。大前 仁

  • #3

    未央 (土曜日, 23 9月 2017 14:25)

    パンクの修理は出来ますか?
    出来る場合、いくらくらいでできますか?

  • #4

    オオマエジムショ (土曜日, 23 9月 2017 14:34)

    お問い合わせありがとうございます。1000円ほどで可能な場合がほとんどですが、状況によりますので、店頭へお問い合わせお願い申し上げます。