旅に適した自転車の3つのポイント

POINT1

荷物は自転車に「お願いします!」

旅に適した自転車には、いくつかの特徴があります。まず、少量の荷物が持てるようにバッグが取り付けられるようになっています。荷物は、背負うよりもバッグに収める方がずっと身体(特に背中や腕、腰)への負担が少なく、必要なものを取り出すことも容易です。特にハンドル部に取り付ける、「フロントバッグ」と呼ばれるバッグには地図ケースが備わっている場合が多く、これがかなり便利です。当店ではオリジナルのフロントバッグもご用意しました。

 

POINT2

雨上がりの走行を快適にする"泥除け”

なんといっても泥除けが、デザインと機能上のポイントになります。泥除けは、雨の日の走行のためにあるだけではありません。泥除けの真価は雨上がりの道、あるいは水たまりの多い林道で発揮されるのです。泥除けがなければ、雨が降ってもいないのに乗り手は水はねに悩まされ、大いに汚れてしまうからです。タイヤにピッタリ合ったクリアランスで装着される泥除けは、ツーリング車の個性を主張しているのです。

POINT3

“走り方”に合わせたハンドル

スポーツ走行には、いくつかのポジションをとることができるドロップハンドルをオススメしていますが、近距離、ゆったりとした走行にはフラットハンドルも捨てがたい味わいがあります。当店ではフラットハンドルバージョンのツーリング車もラインナップするほか、ドロップハンドルとフラットハンドルをオーナーが自分で交換して楽しめるよう、インターチェンジャブルな2セットのハンドルをお渡しすることもできます。


ダウンロード
サイクルフィールド 2017年7月号
7月号をお届けします。今月は原稿盛りだくさん、なんと地球一周から戻ってきた小口良平さんの自転車も掲載されていますよ! ぜひご一読下さい。
CF1707v2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 17.7 MB

facebookのロゴをクリックすると、当店のページへ移動します。