「アプレ」はランドナーじゃないの?

ランドナーの語源はフランス語で 

「遠出、遠乗り」

ランドナーの語源はrandonneur、フランス語です。発音は「ランドヌー(ル)」ですが、ほぼ英語化して「ランドナー」という発音が国際化しているようです。

 

フランス語にはランドネ(randonnee)という言葉もあって、「遠出、遠乗り」(クラウン仏和・三省堂)という意味なのです。日本に初めてランドナーが輸入されたのは1950年代、そして1970年代にはツーリング用の自転車を広く「ランドナー」と呼ぶようになりました。

部品構成ではなく用途が

決め手ともいえる「ランドナー」

ドロップハンドル、26インチホイールに泥除け、キャリアなどを装備した小旅行用自転車を我々はランドナーと呼んできました。が、語源からすれば「ランドナー」の意味するところは部品構成ではなく、用途。

 

ルネ・エルスやアレックス・サンジェなど、フランスの名だたるオーダーメード工房では、グランツーリスムやグローブトロッターなど、用途に応じて細分化された呼び名が使われていました。もちろん、用途に応じてタイヤの太さやキャリアの大きさなどを変更し、それぞれに作られていたのです。

「ツーリング車」とは、 用途を

そのまま呼び名にしたカテゴリー

日本でもこれらの自転車は、ランドナーやツーリング車、あるいはツアー車などさまざまな呼称が与えられてきました。サイクリング車、でも正解だと思います。当店では「ツーリング車」と呼ぶことにします。誤解を生まないように、用途をそのまま呼ぶわけです。

 

当店の「アプレ」はもちろんツーリング車ですが、お客様の走り方や好み、そしてご予算に合わせて、細かく仕様を決めていくセミオーダーモデルです。先人たちが築き上げたオーダーメードのスタイルに、新しい知識を盛り込んだ現代のツーリング車が「アプレ」です。 

 

 


←アレックス・サンジェについて、もっと知りたくなった方におススメの書籍

 『パリの手作り自転車、アレックス・サンジェ』(飛鳥新社刊)

パリの手作り自転車、アレックス・サンジェ(飛鳥新社)より
パリの手作り自転車、アレックス・サンジェ(飛鳥新社)より



ダウンロード
サイクルフィールド 2017年7月号
7月号をお届けします。今月は原稿盛りだくさん、なんと地球一周から戻ってきた小口良平さんの自転車も掲載されていますよ! ぜひご一読下さい。
CF1707v2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 17.7 MB

facebookのロゴをクリックすると、当店のページへ移動します。