往年の愛車でもう一度、旅をしてみませんか?

当店ではツーリング車のオーバーホールを主力業務の一つとしています。ツーリング車といっても自転車には変わりはないので、前後のハブやボトムブラケット、ペダルなどの回転部を点検、ベアリング交換してグリスアップすることはごく普通です。また、ワイヤーやチェーンなどの消耗品は、少しでも性能の良い、現代のものに置き換えるのがオススメです。数十年を経て再び自転車ツーリングを再開しようという方なら、現在の脚力や走り方に合わせて、パーツを変更してもいいでしょう。

 

問題となるのは年代物のツーリング車、そして名車アルプスのように独自の設計・機能を持ったパーツを使用した自転車です。30年以上も前の部品は入手がかなり難しくなっていますが、当店では互換性があるスモールパーツなどを常時在庫するよう努めています。26×1・3/8のWOタイヤ、泥除け分割小物、マファック・クリテリウムをチューンナップさせるブレーキシューなど、愛車の性能を以前よりアップさせる当店のオーバーホールを、ぜひお試し下さい!

オーバーホール例:35年が経過した「アルプス」

今回のオーバーホールのポイント(自転車の状態により異なります)

ハンドルバーは体格や乗り方の変化に合わせて少し幅広のものに交換し、合わせてブレーキレバー、バーテープも新調しました。ヘッド小物の交換部品も完備しています。

ダウンチューブには大きなキズがありましたが、クルマ用のタッチアップペイントで近い色のものを探し、若干の補修をしました(フレームを塗り替えた方がよりキレイに仕上がります)。ラチェットが故障していたシフトレバーは現行のダイアコンペのものに交換しました。


今回のオーバーホールの最大の理由だったリアディレーラーの変速不良は、奇跡的に正規仕入れしたサンプレックス・プレステージに交換することで修理しました。現行のリアディレーラーに置き換えることも検討しましたが、サンプレックスのリアディレーラーにはアルプスオーナーの思い入れもあるようです。

マファック関連のオーバーホールは、経験の長いサイクリストでさえ驚くほどのチューンナップが可能です。ブレーキの効きや引きの重さを改善したい方も、ぜひご相談下さい。


工賃についてはコチラをご覧ください。

★WEBメディア掲載★

自転車のポータルサイト、サイクルスタイルにて当店でのオーバーホールが紹介されました。

ダウンロード
サイクルフィールド 2017年4月号
4月号をお届けします。ニューサイクリング誌で知られた新田眞志さんがお亡くなりになり、今月号は追悼号になりました。なお、新田さんへの追悼文は次号以降も受け付けております。
CF1704v2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 25.0 MB

facebookのロゴをクリックすると、当店のページへ移動します。